米共和党重鎮のマケイン上院議員が死去

トランプ大統領を厳しく批判

 8月25日、米共和党の重鎮で、脳腫瘍を患っていたジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出)が81歳で死去した。写真は昨年10月撮影(2018年 ロイター/Charles Mostoller)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米共和党の重鎮で、脳腫瘍を患っていたジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出)が25日、81歳で死去した。マケイン氏の事務所が25日発表した。

マケイン氏の家族は前日、同氏が脳腫瘍の治療を停止したと明らかにしていた。

マケイン氏は昨年7月に脳腫瘍の一つである膠芽腫(こうがしゅ)と診断された後、自宅で療養を続け、今年に入ってからはワシントンDCには足を運んでいなかった。今年4月半ばには腸内感染症の手術を受けていた。

マケイン氏はベトナム戦争に従軍し、捕虜となった経験を持つ。退役後に政界入りし、2008年の米大統領選に出馬、オバマ前大統領に敗れた。トランプ大統領を厳しく批判し、両氏の間に確執があったことでも知られる。

マケイン氏の死去により、上院(定数100)での共和党の議席は50議席に減り、民主党との差はわずか1議席となった。

しかし、アリゾナ州のデュシー知事(共和党)はマケイン氏の後任に同じ共和党のメンバーを任命するとみられる。その場合、数週間後に控えるブレット・カバノー氏の最高裁判事への指名承認で、共和党はわずかながら優位に立てそうだ。

トランプ大統領はマケイン氏の死去が発表された直後、ツイッターに「マケイン上院議員のご家族に心から哀悼の意を表し、敬意を捧げる」と書き込んだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT