フェイスブックが利用者の信用格付けを開始

悪意のある利用者を特定するため

 8月21日、米紙ワシントン・ポストは21日、インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)が偽情報の拡散を防ぐため、FBの利用者の信頼性に基づいて、利用者を格付けする対策を始めた、と報じた。写真はフランスのボルドーで昨年2月撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは21日、インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)<FB.O>が偽情報の拡散を防ぐため、FBの利用者の信頼性に基づいて、利用者を格付けする対策を始めた、と報じた。

FBのプロダクト・マネジャー、テッサ・ライオンズ氏は同紙とのインタビューで、FBがこの1年間で、この格付けシステムを開発したことを明らかにした。同氏は、悪意のある利用者を特定するための取り組みを任されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT