フェイスブックが利用者の信用格付けを開始

悪意のある利用者を特定するため

 8月21日、米紙ワシントン・ポストは21日、インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)が偽情報の拡散を防ぐため、FBの利用者の信頼性に基づいて、利用者を格付けする対策を始めた、と報じた。写真はフランスのボルドーで昨年2月撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは21日、インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)<FB.O>が偽情報の拡散を防ぐため、FBの利用者の信頼性に基づいて、利用者を格付けする対策を始めた、と報じた。

FBのプロダクト・マネジャー、テッサ・ライオンズ氏は同紙とのインタビューで、FBがこの1年間で、この格付けシステムを開発したことを明らかにした。同氏は、悪意のある利用者を特定するための取り組みを任されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT