トヨタが「製造業」から大転身を迫られる意味

輸送サービスを確立しなければならない事情

トヨタ自動車が抱く危機感の正体に迫ります(撮影:風間 仁一郎)

「5年後には、自動車メーカーの主要なビジネスが変わっている」というと、驚く人も多いかもしれない。では、具体的にどう変わるのか? その方向性は「モノづくりからサービス業へ」のシフトである。実はそうした動きが現在、急速に進み始めている。

2018年の1月にラスベガスで開かれた、エレクトロニクスや家電などを中心とした先進技術の見本市「CES(コンシューマエレクトロニクスショー)」で、トヨタ自動車の豊田章男社長は、MaaS(マース)専用次世代電気自動車「e-Palette Concept」を発表した。

トヨタの構想に近いのは、実は鉄道会社!?

「MaaS」というのは聞き慣れない言葉かもしれないが、これからの自動車産業を占う重要キーワードだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「モビリティ・アズ・ア・サービス」の略で、要するに「移動サービス」のプラットフォームである。このプラットフォームを、タクシー会社や物流会社、あるいは小売業などがサービスを展開するのに活用する。そしてそのプラットフォーム運営をトヨタ自動車が担うという構造である。

言葉としてはとっつきにくいものの、実は私たちにとって、MaaSはすでに身近な業態だ。たとえば、JRや東急といった鉄道会社、第一交通グループや日本交通グループなどのタクシー会社、JAL(日本航空)やANA(全日本空輸)といったエアラインだ。利用者がA地点からB地点に移動したいときに、その移動を「サービス」として提供・サポートする企業がMaaSの担い手といえる。

拙著『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』でも詳しく解説しているが、今回のトヨタ自動車のケースに最も近いのは鉄道会社だ。なぜか?

次ページトヨタ自動車のケースが鉄道会社に近いのはなぜか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT