65歳の「花火師」が絶対に譲れないこだわり

夏の風物詩、花火大会を支える職人の技

華やかな花火大会の裏側には職人の奮闘がある(写真:JianGang Wang/iStock)

8月に入り、全国各地で「花火大会」が開催されている。地元の大会を観たり、旅行先の観光地で見学したりする人もいるだろう。

日本国内で、どれぐらいの大会が開催されるのか。業界団体・日本煙火協会が公式サイトに紹介する大会だけで約220カ所あり(一定の大会規模や過去の継続性などで独自集計)、地域のお祭りなどを含めると、1000を超えるのではないだろうか。

だが、各地の花火大会の概要は報道されても、花火を打ち上げる花火師については、紹介されることが少ない。そこで今回は、メディアで「日本三大花火師」と紹介されたこともある名人に話を聞いた。花火大会の知られざる舞台裏として紹介したい。

夏の時季は各地を飛び回る

「毎年7月、8月は花火師も最盛期で、週末は各地を移動して花火を打ち上げます。当社の従業員は5人、上は81歳の私の叔母で、下は32歳と33歳の男性。みんな腕利きです。この業界は、花火師になりたい人も多いのですが、意識が高くないと続きません」

こう話すのは篠原茂男氏(1953年生まれ、篠原煙火店代表取締役)だ。長野県須坂市に工場があり、曾祖父から5代続く(祖父の兄も含む)歴史を持つ。過去に新作花火や創作花火で100回以上の受賞歴を誇り、特に日本三大花火大会の1つといわれる「土浦全国花火競技大会」では、4年連続優勝に輝いた名人である。

夏はどのような地域を移動するのか。たとえば今年8月は下記の予定となっている。

・8月4日(土) 「信州高山まつり」(長野県高山村)
・8月5日(日) 「信州上田大花火大会」(長野県上田市)
・8月11日(土) 「常総きぬ川大会」(茨城県常総市)
・8月18日(土) 「赤川花火大会」(山形県鶴岡市)
・8月25日(土) 全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田県大仙市)
・8月25日(土) 「須賀川市釈迦堂川花火大会」(福島県須賀川市)
・8月26日(日) 「芝宮神社 御射山祭り」(長野県須坂市)

8月25日はダブルヘッダーで、1日に2大会をこなす予定だ。その翌日には、地元・須坂に戻り、秋祭りの花火打ち上げという強行軍をこなす。

次ページ「お客さんの安全・無事」が第一
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。