フェイスブックの株価急落で株主が提訴

集団訴訟も視野に損害賠償を請求する構え

 7月27日、米交流サイト大手フェイスブックの株価が前日20%近く急落したことを受け、株主が同社とザッカーバーグCEO(写真)を相手取り訴えを起こした。米カリフォルニア州サンノゼで5月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米交流サイト大手フェイスブック<FB.O>の株価が前日20%近く急落したことを受け、株主が27日、同社とザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)を相手取り訴えを起こした。今後同様の動きが広がる可能性もある。

提訴したのはJames Kacouris氏で、同社側が連邦証券法に違反したと主張。集団訴訟も視野に損害賠償を請求する構えとした。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。