トヨタとセブン「FCトラック」で手を組む理由

「究極のエコカー」は大型車から普及する

課題は価格が高いこと。SORAの販売価格は公表されていないが、1台1億円と言われている。一般のディーゼル路線バスは1台2000万円程度なので、5倍もの価格だ。

FCバスは国土交通省の「地域交通グリーン化事業」の対象案件で、車両価格の2分の1が国から補助される。民間バス会社が導入する場合には、これに加えて東京都が2000万円を超える部分を補助するので、ディーゼルバスと同じ2000万円で購入することができる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ただ、本格的に普及を図るのなら、いつまでも補助金頼みというわけにはいかない。できるだけ早期に、車両価格を少なくとも今の4分の1程度に引き下げる必要があるだろう。

FCV「MIRAI」、FCバス「SORA」で世界をリードするトヨタだが、燃料電池トラック(FCトラック)は、まだ国内では製造していない(注)。

先月、トヨタとセブン-イレブンは共同で、セブン-イレブンの店舗に商品を運ぶトラックとして、トヨタが開発したFC小型トラックを2019年春に2台導入し、実証実験を開始すると発表した。FC小型トラックは3トン積みの冷凍車で、MIRAIと同じ燃料電池システムと、水素を7kg積めるタンク(MIRAIは4.3kg)を搭載する。最高時速は80km程度で、1回の水素フル充填で約200km走行できる。200kmというのは、セブン-イレブンの配送車が1日に走行する標準的な距離だ。

セブン-イレブンは、2030年までにCO2排出量を2013年比約27%削減する目標を掲げている。物流面に関しては、現在運用中のトラック6000台のうち、ハイブリッド車(HV)、天然ガス車(CG)、電気車(EV)等の環境配慮型は924台(構成比は15.5%)だが、このFC小型トラックを含め、2020年にはその比率を20%に引き上げる方針だという。

単純に計算すれば270台の増加となる。すべてFCトラックというわけではないが、かなりまとまった台数を導入するとみられる。

(注)海外では、トヨタは昨年夏から、米国カリフォルニア州で大型トラックの実証実験を行っている。

食品配送車が先導するFCトラックの普及

食品の輸送は温度管理が重要だ。冷凍機や保冷機器は多量の電気を必要とするが、これはまさにFCVの得意とするところだ。FCVは搭載した燃料電池で発電するので、走行中でも停車中でも、常時冷凍機に電気を送ることが可能だ。EVと違って、電欠の心配もない。

コンビニ業界以外にも、スーパーをはじめ、食品を取り扱い、チェーン展開している業態は少なくない。宅配業者も、クール便の取り扱いは増えている。食品は消費者に直結する商品であり、「環境に優しい」をうたうことは消費者への訴求力が強い。それだけに、1社がFCトラック導入に踏み切れば、競合他社も対抗上後追いする可能性が高い。

「燃料電池トラック/排出するのは水だけ、CO2もNOx、SOxも一切出しません」とボディに大きく表示した配送車が街中を走り回る姿を、日常的に見る日が来るのもそう遠くないことかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT