くるくる変わるトランプ「ドル発言」の影響度

頻繁に為替について発言

 7月19日、トランプ米大統領が、ドル高は「米国にとって不利」だと述べたことで、ドル相場は即座に下落した。ただし大統領がドルについて、時として矛盾する率直な発言をするのは、今に始まったことではない。写真は2016年、サウスカロライナでの大統領選挙活動中、支援者の5ドル札にサインするトランプ氏(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - トランプ米大統領が19日、ドル高は「米国にとって不利」だと述べたことで、ドル相場は即座に下落した。ただしトランプ氏がドルについて、時として矛盾する率直な発言をするのは、今に始まったことではない。

従来の米大統領は、金融市場に直接干渉していると見られるのを警戒し、ドル相場に直接言及するのを避けるのが普通だった。もっとも、政策や微妙な示唆によって相場に影響を及ぼすことはあった。

「大方の大統領とは異なる」

ジョーンズトレーディングの首席市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「ほとんどの大統領ならしない発言がある。金融政策は連邦準備理事会(FRB)に、ドルのことは財務長官に任せるものだった。しかしドナルド・トランプ氏は大方の大統領とは異なる」と話す。

トランプ氏はCNBCテレビのインタビューで利上げにも言及し、米国を不利な立場に置くと述べた。

トランプ氏は従来の大統領より遥かに頻繁に為替について発言しており、その時々でドル高、ドル安、どちらが望ましいと考えているかが変わる。

大統領選後にドルが上昇していた2017年1月には、ドルが「強すぎる」と発言。同年4月にも同じ姿勢を重ねて示したが、7月には「あまり強すぎない」ドルが好きだと述べた。しかしドルが下落した今年1月には強いドルを望むとしている。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は過去3カ月間で約6%上昇した。ドル高の要因は強い米経済指標、金利上昇、貿易戦争によるインフレ圧力と米貿易赤字縮小の可能性で、トランプ氏自身の政策に起因する面もある。

トランプ氏は、不公平な貿易が米貿易赤字と製造業の雇用減少の原因だとしているが、ドル高は米国の輸出価格を割高にしてしまう。

イートン・バンス・マネジメントのグローバル・インカム・グループ共同ディレクター、エリック・スタイン氏は「ドル高は彼自身の通商政策を損なう。今後もドル安に誘導する発言が相次ぎそうだ」と言う。

一方、トランプ氏の発言による影響は長続きしないと見るトレーダーもいる。

19日にはトランプ氏の発言を受けてドルが一時下落したが、その後やや反発した。ここ数週間、投資家はドル上昇への自信を深めている。

オルーク氏は「(第2・四半期は)は国内総生産(GDP)の4%成長が見込まれ、失業率が過去最低を記録し、失業保険申請は50年ぶりの低水準となり、インフレは公式目標を上回るだろう。これでドルが上昇しなければ驚きだ」と語った。

(Trevor Hunnicutt記者 Saqib Iqbal Ahmed記者)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT