アップルは「性欲に訴えるブランド企業」だ

GAFAは「本能を刺激する」から強すぎる

それはもちろん、グーグルがなくても可能なことだ。しかし同じものを見つけるためにはおそらく何週間もの時間をかけて、かび臭い図書館をいくつも回らなければならないだろう。グーグルを使えば、それが1秒もかからずにできる。

グーグルは、次から次へと質問されるのを待っている。疲れることもなく、時差ぼけになることもない。さらに私たちがさがしているものを見つけるだけではなく、それと関連する、私たちが興味を持ちそうなことを、何千、何万も見つけてくる。

最後に、そして結局のところ何より重要なのは、私たちがグーグル検索の結果を信頼しているということだ。場合によっては途切れがちになる自分自身の記憶よりも信頼している。グーグルのアルゴリズムの仕組みはわからない。しかし自分のキャリアや人生さえ賭けるくらいに信頼しているのだ。

グーグルがどれほど大きくなり、どれほどの力を手にしているかが気にならないのは、私たちのグーグル経験がささやかで親密で個人的なものだからだ。たしかに小銭が積もり積もって何百億ドルもの収益となり、株主価値は何千億ドルにもなった。それでも私たちが怒りを感じることはない――質問に答えてくれて、私たちの脳が前より賢くなったと思わせてくれているうちは。

それこそが勝者であり、株主は脳による勝者総取りの経済から生じた利益を得る。グーグルは消費者に最高の回答を、これまでのどの組織よりもすばやく安く与えてくれる。脳はグーグルを愛さずにいられない。

アマゾンは「狩猟採集本能」、フェイスブックは「心」

グーグルが脳の代わりだとすれば、アマゾンは脳と、ものをつかむ指――より多くのものを手に入れようとする狩猟・採集者としての本能─―とをつなぐものだ。

人類の歴史の始まりから、よりよい道具を持つということは、より長生きできることを意味した。大昔から私たちは、より多くのものを持つほどより大きな安心と成功を手にしていると感じる。敵に襲われる危険が少なく、友人や隣人より優れていると感じる。そしてほとんどの人はそれで満足できる。

世間ではスターバックスの成功は「依存症の人間にカフェインを提供しただけ」と片付けられる。しかし依存症において買い物がヘロイン級とすれば、カフェインはニコレット程度である。

次ページフェイスブックは「心」に訴える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。