利便性大「大阪モノレール」は地震に負けない

空港アクセス線として活躍、隠れた人気路線

大阪空港駅から高槻市駅の場合は所要時間、乗換回数の観点から大阪モノレールに軍配が上がる。一方、大阪空港駅から高槻市駅以遠の場合は所要時間、乗換回数は同じになる。運賃を加味すると、蛍池・十三経由のほうが80円安いため、蛍池・十三経由に軍配が上がる。

大阪モノレールの表定速度は決して速くないのに所要時間が両者とも60分で同じなのはなぜだろうか。その理由は阪急京都線の河原町方面の準急は高槻市駅で特急と連絡する際にその待ち合わせのために、どうしても3分のロスが発生するからだ。

南茨木駅に特急を停車させれば、大阪空港から河原町方面への所要時間を短縮することができるが、茨木市駅との連続停車になるので、難しいだろう。

大阪モノレールを利用した1日社会科見学はいかが?

ところで、大阪モノレールと聞くと、「空港輸送」「万博記念公園へのアクセス」「私鉄線との接続駅が多い」というイメージを持たれるであろう。確かに、そのとおりではあるが、大阪モノレールにはそのほかにも、さまざまな特色がある。

首都圏から訪れる人も多い国立民族学博物館(筆者撮影)

大阪モノレール沿線は観光資源に恵まれている。その中で注目したいのが国立民族学博物館(民博)だ。実は首都圏には民族学をメインとする国立博物館は存在しない。そのためか、首都圏には休日を利用して民博を訪れる人もいる。大阪国際空港(伊丹空港)から民博へのアクセスに重宝するのが大阪モノレールだ。

大阪空港駅から民博の最寄駅にあたる万博記念公園駅までは約17分(昼間時間帯)、万博記念公園駅から民博までは徒歩約15分の道のりだ。そのため、羽田空港から2時間以内でアクセスでき、日帰りでも十分に楽しめる。また、大阪市内へ出る必要がないので、落ち着いた雰囲気で1日を過ごせることも大きい。

なお、2018年7月現在、大阪北部地震の影響により、民博は閉館している。民博のホームページによると、9月中旬から順次、展示を再開するということだ。

万博記念公園駅に入線する大阪モノレール2000系(筆者撮影)
次ページ沿線には有名大学も存在するが…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT