BMW MINI「最強仕様」乗ってわかった実力

ジョン・クーパー・ワークスは何がスゴいか

MINIの中で最も速いモデルの「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」(写真:BMW)

2001年に登場したBMW「MINI(ミニ)」は、「大衆車の傑作」と呼ばれたクラシックミニのデザインを踏襲しながら、「プレミアムスモールセグメント」としてすべてを刷新。当初は賛否もあったが、一目でミニだとわかるうえに質感の高い内外装、「FF(前輪駆動)のBMW」と形容される走りなどが高く評価され、今ではミニ=BMWミニを思い浮かべる人のほうが多いだろう。

MINI「ジョン・クーパー・ワークス」とは

そんなミニのスポーツバージョンというと「クーパー/クーパーS」が有名だが、さらに上のグレードが存在する。それが「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そもそもジョン・クーパーとは、1960年代にクラシックミニを素材にしたレーシング活動に関わり、チューニングされたミニでモンテカルロラリーを3度も制した人物のことだ。彼の名を冠したワークスマシンというだけあり、ミニのラインナップの中で最も速く、ハイパフォーマンスなモデルであることを意味している。

3代目となる現行モデルは2013年に登場。見た目はキープコンセプトながらもボディサイズは一回り拡大、3ドア初の3ナンバーボディとなった。パワートレインやシャシーも一新されパフォーマンスも大きく向上。そんなJCWだが、2018年にノーマルモデル同様に初のマイナーチェンジを実施した。

エクステリアは愛くるしいミニを精悍な印象に変貌させただけでなく、空力・操縦安定性にも貢献する専用デザインの前後バンパー/リアウイングは変更ないがライト類を刷新。ヘッドライトを取り囲むリング型のデイライト(ウインカーの役割も担う)を採用することで、今まで以上に人の顔に見える(!?)テールライトも新デザインのLED式に変更。一目でわかるモチーフはミニの故郷であるイギリスの「ユニオンジャック」である。

次ページインテリアは細かい変更がメイン
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT