フランス、ベルギーを1−0で振り切り決勝へ

次はイングランド‐クロアチア戦の勝者と

デシャン監督は、ユーロ 2016の監督と1998年のワールドカップ優勝時のキャプテンとして、多くの可能性を見せてくれた。

「我々は自分たちのサッカーと精神を示したが、非常に難しい試合だった。守備に尽力し、カウンターにもう少し力を入れる必要があったと感じるが、選手とスタッフはよくやってくれた」と語った。

ベルギーのロベルト・マルティネス監督は「試合は非常にタイトなものだった。ゴ-ル前での運が試合を決定づけた」と語った。

試合序盤のベルギーの戦いは巧みだった

試合序盤ベルギーは中盤をコントロールし攻撃に深みを持たせ、フランスの陣形を低い位置で形成させ、カウンターの脅威を排除した。ポール・ポグバの配球でキリアン・エムバぺがゴールに向かって走り込んだが、ベルギーのゴールキーパー、ティボ・クルトゥワの優れた機器察知能力と判断によって止められた。

ベルギーにとって最初のチャンスは、16分にケヴィン・デ・ブライネからボールを受けたエデン・アザールがシュートを放ったときだろう。このときは守護神ウーゴ・ロリスに阻止された。

決定的なチャンスはほかにもあった。エデン・アザールが再び左サイドから抜け出し、ラファエル・ヴァランを抜き去りドライブ回転のかかったシュートを放った。しかし、ボ-ルは枠の中に入らずバーの上だった。

ベルギーのコーナーキックから、トビー・アルデルヴェイレルトはウーゴ・ロリスをターンでいなしてシュートを放った。

しかし、試合が進むにつれてフランスはより多くの好機を演出するようになっていった。

次ページ前半は無得点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。