特急が4種類も走る「神戸高速線」は超複雑だ

赤・黄色で停車駅違い、地元民以外は理解不能

阪神電車8000系。神戸高速線を走る主要列車の一つだ(写真:tarousite / PIXTA)

神戸高速線は利用者泣かせの路線だ。その理由は列車種別にある。複雑で使いこなすにはちょっとしたコツが必要だ。そんな神戸高速線のユニークな列車種別に迫ってみたい。

「赤色の直通特急」と「黄色の直通特急」の謎

神戸高速線の列車種別を紹介する前に神戸高速線を保有する神戸高速鉄道の概要を確認しておきたい。神戸高速鉄道は1968年4月7日、東西線〔三宮(現・神戸三宮)―西代、元町―西代〕と南北線(湊川―新開地間)で開業した。開業当初から同社は車両を持たず、阪急、阪神、山陽、神戸電鉄の車両が乗り入れている。

神戸高速鉄道の路線図(筆者作成)

神戸高速線の開業により、それまでバラバラであった各私鉄のターミナルが地下線で結ばれ、兵庫県南部における交通の利便性が飛躍的に向上した。なお、1988年に神戸高速鉄道は第3種鉄道事業経営認可を受けたが、運輸省(当時)の特例として神戸高速線の鉄道施設の保安管理、列車運行管理、駅業務は開業当初から行ってきた。2010年に鉄道施設の保守管理、運行管理業務、駅業務が阪急、阪神、神戸電鉄に移り、神戸高速鉄道は鉄道施設の保有に特化した経営になっている。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

阪神神戸高速線(元町―西代間)の主役を担っているのが15分間隔(昼間)で運行される阪神梅田―山陽姫路間を結ぶ直通特急だ。直通特急は1998年に運行が開始され、阪神梅田―姫路間を94分(昼間)で結んでいる。

直通特急には「赤色方向幕の直通特急」と「黄色方向幕の直通特急」があり、阪神神戸高速線内では停車駅が異なる。同線内における停車駅を書き出してみた。なお、2つの直通特急は阪神線内、山陽線内では同じ停車駅となり、特急運転を行う。

次ページ2つの直通特急が存在する理由
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。