日本人が積極的に「サバ缶」を食べだしたワケ

みそ汁からパスタ、炊き込みご飯まで

現代において、魚離れが進むのは仕方がない側面もある。魚は肉に比べて、100グラムあたりの価格が高いことが多い。特に比較的安い青魚は丸ごと売られていることも多いので、下処理が必要になる。しかも、取ったワタはすぐに傷んで臭くなりがちで、冷凍しておき、ゴミの日に捨てるなどの手間がかかる。

また、冷凍するなど保存がしやすい肉と違い、生の魚はすぐに食べないと傷むため、買うタイミングを選ぶのが難しい。週末にまとめ買いする共働き世帯の場合、平日に魚を料理するのは難しくなる。

また、塊肉からミンチまで、売っているサイズや部位にバリエーションがあり、炒めものや煮ものなどさまざまな料理に使える肉と異なり、使い勝手も悪い。身をほぐすのは料理のバリエーションは広がるが、一度焼いてから骨を外し、身をほぐすなど手間がかかる。

使い勝手のよさが認知された

そういった魚が持つハンデを克服できるのが、魚缶である。下処理は基本的に必要なく、長期保存が可能だ。すでに火が通っているので、身をほぐすのもたやすい。ツナなどあらかじめほぐした身が入っている缶詰もある。アイデアレシピが広まったことで、魚缶ならではの使い勝手のよさが知られるようになり、ヒットにつながったのではないかと思われる。

さらに4つ目の理由がある。それは健康志向だ。サバなどの青魚は、血液をサラサラにするといった健康効果が宣伝される、必須脂肪酸のDHAやEPAを豊富に含む。魚不足を気にしている人には、魚を取る手段としても手軽だ。マルハニチロの高級商品が売れているのは、割安であることよりもヘルシー志向に応える商品であることが評価されているからかもしれない。ヘルシー志向が強い人は価格より質の高さを評価しやすいからだ。

サバ缶人気の余波なのか、やはりDHAやEPAを豊富に含む青魚のイワシ缶もよく売れている。イワシは安い魚だが、サバと並んでアシが早い。そしてワタ取りからしなければならないことが多い。

次ページイワシ缶も売り上げが急騰中
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT