クロアチア、デンマークを振り切りベスト8へ

1-1のスコアのまま、PK戦に突入

(写真:ロイター)

[ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム(ロイター)] - 7月1日、ニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われたクロアチアとデンマークとの試合は、90分と延長戦では決着がつかず、1-1のスコアのまま、PK戦に突入。激闘の末、3-2でクロアチアが勝利し、ワールドカップ準々決勝へと駒を進めた。

延長戦後半4分にクロアチアのルカ・モドリッチに、準々決勝進出を決めるチャンスが訪れるも、デンマークのゴールキーパー、カスパー・シュマイケルが左に飛び込み阻止された。

この試合の直前に行われた試合で、開催国のロシアがスペインをPK戦の末に下したため、7月7日にソチで行われる対戦は、ロシアvs.クロアチアとなった。

クロアチアとデンマークの試合は、開始直後の4分で2つのゴールが生まれた劇的な試合となった。デンマークは開始57秒後に攻撃を仕掛け、マティアス・ヨルゲンセンがゴールキーパーのダニエル・スバシッチの足元からゴールを奪うも、3分後にクロアチアのマリオ・マンジュキッチに得点を許し、同点とされた。

劇的な展開で始まった試合も途中からは、身体能力に優れるデンマークがグループステージで大活躍のクロアチアの中盤の脅威を抑え込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。