クロアチア、デンマークを振り切りベスト8へ

1-1のスコアのまま、PK戦に突入

(写真:ロイター)

[ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム(ロイター)] - 7月1日、ニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われたクロアチアとデンマークとの試合は、90分と延長戦では決着がつかず、1-1のスコアのまま、PK戦に突入。激闘の末、3-2でクロアチアが勝利し、ワールドカップ準々決勝へと駒を進めた。

延長戦後半4分にクロアチアのルカ・モドリッチに、準々決勝進出を決めるチャンスが訪れるも、デンマークのゴールキーパー、カスパー・シュマイケルが左に飛び込み阻止された。

この試合の直前に行われた試合で、開催国のロシアがスペインをPK戦の末に下したため、7月7日にソチで行われる対戦は、ロシアvs.クロアチアとなった。

クロアチアとデンマークの試合は、開始直後の4分で2つのゴールが生まれた劇的な試合となった。デンマークは開始57秒後に攻撃を仕掛け、マティアス・ヨルゲンセンがゴールキーパーのダニエル・スバシッチの足元からゴールを奪うも、3分後にクロアチアのマリオ・マンジュキッチに得点を許し、同点とされた。

劇的な展開で始まった試合も途中からは、身体能力に優れるデンマークがグループステージで大活躍のクロアチアの中盤の脅威を抑え込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT