ベルギー監督、「日本はきっと強敵になる」

「自分たちが信じるサッカーをする」

 6月30日、サッカーのW杯ロシア大会、決勝トーナメント1回戦で日本と2日に対戦するベルギー代表は過去22戦負けなし。ロベルト・マルティネス監督は、強い気持ちで試合に臨むと述べた。カリーニングラードで27日撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[モスクワ 30日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、決勝トーナメント1回戦で日本と2日に対戦するベルギー代表は過去22戦負けなし。ロベルト・マルティネス監督は、強い気持ちで試合に臨むと述べた。

ベルギーと日本は昨年11月に親善試合で対戦し、ベルギーが1─0で勝利。日本はW杯の2カ月前に指揮官が西野朗監督に交代した。マルティネス監督は日本について、「きっと強敵になる。彼らはカウンター攻撃の仕掛け方を分かっている」と警戒した。

さらに同監督は「強い気持ちで日本戦を迎えられるのはとてもいいこと」とコメント。「ひとつとしてミスを許せる状況にはないが、自分たちが信じるサッカーをする」と語った。

先発が予想されるドリース・メルテンスは、ベルギーが2014年W杯ブラジル大会と2016年欧州選手権の両大会で準々決勝敗退を喫したことは選手たちの胸に刻まれているとし、それがチームの力になると語った。

関連記事
トピックボードAD
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。