ベルギー監督、FWルカク故障の不安を否定

「ルカクは完全に回復した」

 6月29日、サッカーのベルギー代表率いるロベルト・マルティネス監督は、W杯決勝トーナメントの日本戦に向けて、FWロメル・ルカク(写真)の故障の不安を否定した。モスクワで23日撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[モスクワ 29日 ロイター] - サッカーのベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は29日、ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本戦に向けて、FWロメル・ルカクの故障の不安を否定した。

ルカクは23日に行われた1次リーグ第2戦のチュニジア戦で足首を負傷。28日のイングランドとの最終戦を欠場した。マルティネス監督は報道陣に対し、「ルカクは完全に回復した」と述べ、7月2日の日本戦には出場できる見込みだとした。

また、イングランド戦で目の周りを打撲し、視力の低下がみられたDFトーマス・フェルマーレンについても、日本戦までには回復する見通しと明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT