ベルギー監督、FWルカク故障の不安を否定

「ルカクは完全に回復した」

 6月29日、サッカーのベルギー代表率いるロベルト・マルティネス監督は、W杯決勝トーナメントの日本戦に向けて、FWロメル・ルカク(写真)の故障の不安を否定した。モスクワで23日撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[モスクワ 29日 ロイター] - サッカーのベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は29日、ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本戦に向けて、FWロメル・ルカクの故障の不安を否定した。

ルカクは23日に行われた1次リーグ第2戦のチュニジア戦で足首を負傷。28日のイングランドとの最終戦を欠場した。マルティネス監督は報道陣に対し、「ルカクは完全に回復した」と述べ、7月2日の日本戦には出場できる見込みだとした。

また、イングランド戦で目の周りを打撲し、視力の低下がみられたDFトーマス・フェルマーレンについても、日本戦までには回復する見通しと明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。