ベルギー監督、FWルカク故障の不安を否定

「ルカクは完全に回復した」

 6月29日、サッカーのベルギー代表率いるロベルト・マルティネス監督は、W杯決勝トーナメントの日本戦に向けて、FWロメル・ルカク(写真)の故障の不安を否定した。モスクワで23日撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[モスクワ 29日 ロイター] - サッカーのベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は29日、ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本戦に向けて、FWロメル・ルカクの故障の不安を否定した。

ルカクは23日に行われた1次リーグ第2戦のチュニジア戦で足首を負傷。28日のイングランドとの最終戦を欠場した。マルティネス監督は報道陣に対し、「ルカクは完全に回復した」と述べ、7月2日の日本戦には出場できる見込みだとした。

また、イングランド戦で目の周りを打撲し、視力の低下がみられたDFトーマス・フェルマーレンについても、日本戦までには回復する見通しと明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT