笑い止まらぬKDDI好決算の先行き

あまりの上機嫌にサプライズ発言まで飛び出した!

気になるのは、9月の新型iPhone発売以降の販売動向だ。NTTドコモが新たにiPhoneの取り扱いを始めたことで、一時はKDDIへの悪影響も危惧されたが、「幸いにも足元の販売動向に大きな変化はない。予想以上に好調に推移している」と、田中社長は笑顔を見せた。

年末商戦はスマホとタブレットの抱き合わせで攻勢をかける(撮影:尾形文繁)

MNP(番号ポータビリティ)によるユーザー獲得も順調に推移している。9月はキャッシュバック付きで旧機種のiPhone 5を売りさばいたこともあり、今年度最多の11万件超の純増を記録した。

田中社長は「9月はできすぎだった」と認める一方、10月以降もドコモからのユーザー流入が続いていることも明らかにした。

iPhoneに関しては、人気の「5s」は世界的にも在庫が品薄状態で、KDDIもまだ十分に供給できていない状況だという。また、「5」の在庫が底をついてきたこともあり、十分な在庫がある「5c」が売れ始めているようだ。田中社長も「最初は廉価版と伝わってしまったが、カラーバリエーションがいい、と思われてきたのではないか」と分析した。

年末商戦はiPadを売り込む

好決算に気をよくしたのか、会見後にはサプライズ発言まで飛び出した。11月1日に発売される新型iPadの感想を聞かれた田中社長が、旧機種のWi-Fiモデルで下取りキャンペーンを始めることを思わず漏らしてしまったのだ。

KDDIは9月のiPhone5s、5c発売を前に、タブレット端末とスマホで月間のデータ通信量を分け合えるデータシェアキャンペーンを競合他社に先駆けて発表していた。これに旧機種の下取りを組み合わせることで、今年の年末商戦はiPadも強力に売り込んでいくようだ。

マスコミ対応では「勝って兜の緒を締めよ」とはいかなかったが、事業面では打てる策を着実に打ってきたKDDI。好調だった上半期の余勢を駆って、通期業績の上方修正も十分視野に入ってきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT