スペイン国有銀行バンキア、予想上回る利益

1~9月は3.6億ユーロ

10月28日、国有化されたスペインの銀行バンキアが発表した1─9月の決算は、純利益が3億6200万ユーロとなり、アナリストの予想を上回った。写真は昨年7月、マドリードで撮影(2013年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 28日 ロイター] -国有化されたスペインの銀行バンキアが28日発表した1─9月の決算は、純利益が3億6200万ユーロとなり、アナリストの予想を上回った。手数料の増加が寄与した。

親会社のBFAを含むBFAバンキアの税引き後利益は6億4800万ユーロとなり、年間利益目標の8億ユーロが達成可能であることを示した。バンキアは欧州当局から180億ユーロの支援を受けており、現在進めているリストラには利益目標の達成が鍵となる。

1─9月の純金利収入は、低金利を反映し、29%減の17億3000万ユーロとなった。

ただ、第3・四半期の純金利収入は前期から増加した。スペイン経済がリセッション(景気後退)を脱却するとみられるなか、国内銀行の一部は金利収入で若干の改善を示している。

バンキアは不良債権や不良資産のほとんどを、政府設立の不良資産買い取り機関(バッドバンク)に売却しているが、与信総額に対する不良債権の比率は、融資額の縮小を反映し、依然として上昇している。

9月末に同比率は13.6%と、6月末の13.4%から上昇した。

人気記事
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。