スペイン国有銀行バンキア、予想上回る利益

1~9月は3.6億ユーロ

10月28日、国有化されたスペインの銀行バンキアが発表した1─9月の決算は、純利益が3億6200万ユーロとなり、アナリストの予想を上回った。写真は昨年7月、マドリードで撮影(2013年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 28日 ロイター] -国有化されたスペインの銀行バンキアが28日発表した1─9月の決算は、純利益が3億6200万ユーロとなり、アナリストの予想を上回った。手数料の増加が寄与した。

親会社のBFAを含むBFAバンキアの税引き後利益は6億4800万ユーロとなり、年間利益目標の8億ユーロが達成可能であることを示した。バンキアは欧州当局から180億ユーロの支援を受けており、現在進めているリストラには利益目標の達成が鍵となる。

1─9月の純金利収入は、低金利を反映し、29%減の17億3000万ユーロとなった。

ただ、第3・四半期の純金利収入は前期から増加した。スペイン経済がリセッション(景気後退)を脱却するとみられるなか、国内銀行の一部は金利収入で若干の改善を示している。

バンキアは不良債権や不良資産のほとんどを、政府設立の不良資産買い取り機関(バッドバンク)に売却しているが、与信総額に対する不良債権の比率は、融資額の縮小を反映し、依然として上昇している。

9月末に同比率は13.6%と、6月末の13.4%から上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT