半裸の男が滑走路侵入、翼に飛び乗り逮捕

デルタ航空機の翼に飛び乗った19歳

 6月27日、米アトランタの空港で26日、半裸で滑走路を走って着陸直後のデルタ航空機の翼に飛び乗った19歳の男が逮捕される騒ぎがあった。男は、不法侵入、公然わいせつ、破損および公務執行妨害で起訴された。提供写真(2018年 ロイター/TK JAMES)

[27日 ロイター] - 米アトランタの空港で、半裸で滑走路を走って着陸直後のデルタ航空機の翼に飛び乗った19歳の男が逮捕される騒ぎがあった。

当局の発表によると、男はハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港で26日、上部に有刺鉄線を張った高さ12フィート(約3.6メートル)の柵を乗り越えた。空港職員から通報を受けて警察が約5分後に、はだしで下着一枚の男を確保したという。

男は、不法侵入、公然わいせつ、破損および公務執行妨害で起訴された。

地元テレビによると、男には、出身地のアラバマ州で拳銃に関する違法行為と未成年飲酒で、合わせて2回の逮捕歴がある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT