ニュージーランド首相、女児出産で6週の産休

その間は副首相が首相代理に

 6月21日、ニュージーランドのアーダーン首相(37)は第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした(2018年 ロイター/Courtesy Instagram @jacindaardern)

[ウェリントン 21日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相(37)は21日、第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした。

アーダーン氏は昨年、総選挙後の連立交渉を経て、10月にニュージーランド史上最年少で首相に就任。女児出産で、同国史上、首相在任中に出産した初の女性となった。

アーダーン首相は6週間の産後休業に入り、その間、ピーターズ副首相が首相代理を務める。

任期中に出産した首相としては、1990年のパキスタンの故ブット首相の例がある。

ニュージーランドは進歩的な国として知られ、1893年に世界で初めて女性に投票権を付与した。また、女性首相はアーダーン氏で3人目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。