ニュージーランド首相、女児出産で6週の産休

その間は副首相が首相代理に

 6月21日、ニュージーランドのアーダーン首相(37)は第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした(2018年 ロイター/Courtesy Instagram @jacindaardern)

[ウェリントン 21日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相(37)は21日、第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした。

アーダーン氏は昨年、総選挙後の連立交渉を経て、10月にニュージーランド史上最年少で首相に就任。女児出産で、同国史上、首相在任中に出産した初の女性となった。

アーダーン首相は6週間の産後休業に入り、その間、ピーターズ副首相が首相代理を務める。

任期中に出産した首相としては、1990年のパキスタンの故ブット首相の例がある。

ニュージーランドは進歩的な国として知られ、1893年に世界で初めて女性に投票権を付与した。また、女性首相はアーダーン氏で3人目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。