ニュージーランド首相、女児出産で6週の産休

その間は副首相が首相代理に

 6月21日、ニュージーランドのアーダーン首相(37)は第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした(2018年 ロイター/Courtesy Instagram @jacindaardern)

[ウェリントン 21日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相(37)は21日、第1子となる女児を出産した。首相がインスタグラムへの投稿で明らかにした。

アーダーン氏は昨年、総選挙後の連立交渉を経て、10月にニュージーランド史上最年少で首相に就任。女児出産で、同国史上、首相在任中に出産した初の女性となった。

アーダーン首相は6週間の産後休業に入り、その間、ピーターズ副首相が首相代理を務める。

任期中に出産した首相としては、1990年のパキスタンの故ブット首相の例がある。

ニュージーランドは進歩的な国として知られ、1893年に世界で初めて女性に投票権を付与した。また、女性首相はアーダーン氏で3人目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。