31歳目前のメッシ、宿願のW杯優勝へ正念場

初戦に勝ったクロアチアと21日に対戦

 6月20日、サッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシは、現在開催中のW杯ロシア大会で宿願の優勝を果たすための正念場を迎えている。モスクワで16日撮影(2018年 ロイター/Carl Recine)

[ニジニ・ノブゴロド(ロシア) 20日 ロイター] - サッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシは、現在開催中のワールドカップ(W杯)ロシア大会で宿願の優勝を果たすための正念場を迎えている。

24日に31歳の誕生日を迎えるメッシは、所属のスペイン1部バルセロナでは獲得できる可能性のあるタイトルを全て勝ち取ったが、代表チームでは主要大会であるW杯と南米選手権での優勝経験がない。

そのことは多くのアルゼンチン人にとって、メッシは現在世界で最高のサッカー選手かもしれないが、1986年にW杯優勝を成し遂げたディエゴ・マラドーナ氏の域には達していないという意味を持つ。

次戦に向けて現地入りしたアルゼンチンの男性ファンは「私もみんなもメッシを愛している。しかし、彼は代表チームでうまくいっていない」とコメント。「優勝カップを掲げ、マラドーナと比較される論争を終わらせてほしいが、現実的には前回のブラジルW杯が最大のチャンスだった」と、ドイツとの決勝戦に0─1で敗れたことに言及した。

アルゼンチンはW杯南米予選を通じて苦戦が続き、メッシの宿願達成は困難とみられてきた。そして、大会初戦のアイスランド戦でメッシがPKを失敗したことで、状況はより厳しさを増した。

1次リーグD組のアルゼンチンは、初戦に勝ったクロアチアと21日に対戦する。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。