京急「いつもの電車内でビール」の非日常感

恒例ビール電車は京急とキリンによる手作り

「かんぱーい!」京急大師線を走ったビール電車は今回も大盛況だった(筆者撮影)

新幹線や特急列車ならともかく、ロングシートの通勤電車の中でビールを飲むなんて普通ははばかられるものである。まれに終電間近の通勤電車でも、座席に腰を下ろしてビールをグビグビ飲んでいる人を見かけるけれど、周囲の人はたいてい顔をしかめているものだ。

が、そんな普段は“許されざる行為”が全力でOKというイベントが行われた。今や毎年恒例となった京急電鉄「ビール電車」である。

キリンとコラボのビール電車

さる6月2日、気温が30度近くまで上がった格好のビール日和の土曜日。京急川崎駅には、幸運にもビール電車に乗り込む権利を手にした約80人がやってくる。乗り場は大師線の1番線だ。こうしたイベント列車の運転時や初詣シーズンなどを除けば、普段使われることのないこのホームに、すでにビール電車としてのしつらえを終えた電車が待ち構える。車内は「一番搾り」のちょうちんや中吊り広告で彩られ、ロングシートの座席の目の前に置かれたテーブルの上にはお弁当。ホーム上ではハッピを羽織った京急電鉄のスタッフと、黄色いポロシャツの「KIRIN」のスタッフが動き回っている……。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そう、このビール電車、運行する京急電鉄はもちろんのこと、大手ビールメーカーのキリンビールも全面協力しているイベント列車なのである。ホームの上にはキリンビール横浜支社長の園部好さんの姿。話を聞いてみると……。

「弊社の横浜工場は京急さんの沿線にありまして、通勤で使っている社員もたくさんいます。長いこといい関係を築いてきましたし、こうしたイベントをすることでお客様に喜んでもらって、沿線の活性化に協力できれば」

次ページ450リットルのビールを積んで発車!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT