米新規失業保険申請件数は35万件

市場予想の34万件までには減少せず

10月24日、米労働省が発表した10月19日までの週の新規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで1万2000件減の35万件となった。写真はワシントンの就職フェア会場前で6月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米労働省が24日発表した10月19日までの週の新規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで1万2000件減の35万件となった。ただ34万件を見込んでいた市場予想ほどは減少しなかった。

カリフォルニア州でシステム障害により手付かずとなっていた申請の処理が続いていることが押し上げ要因となった。

前週分は36万2000件と、当初発表から4000件引き上げられた。

労働省のアナリストは、カリフォルニア州で未処理となっていた申請への対応がなお継続していると説明している。

新規失業保険週間申請件数データは9月以降、新システム移行に伴うカリフォルニア州のテクニカル障害でゆがみが生じており、労働市場の正確な状況を把握することが困難になっている。

また最近では、政府機関の一時閉鎖による連邦職員による失業保険申請も押し上げ要因となっている。10月12日までの週に連邦職員による申請は2万5939件減少した。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる4週間移動平均は34万8250件と、1万0750件増加した。

10月12日までの週の受給総数は8000件減って287万4000件。当該週の受給総数は、10月の米雇用統計の家計調査の期間に含まれる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT