中国成長率は13年7.6%、14年7.4%へ

ロイター独自調査

10月24日、ロイター調査によると、中国の2013年の成長率は7.6%となるが、2014年は7.4%に鈍化すると見込まれている。写真は北京市内で7月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 24日 ロイター] - 10月18─22日に実施されたロイター調査によると、中国の2013年の成長率は7.6%となり、政府目標の7.5%を上回る見通し。2014年成長率は7.4%に鈍化すると見込まれている。

前回7月の調査では、2013年と2014年の成長率はともに7.5%と予想されていた。

第3・四半期に7.8%を記録した成長率は第4・四半期には7.5%に鈍化し、2014年第2・四半期までその水準にとどまると予想されている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、マーク・ウィリアムズ氏はリサーチノートで「今後数カ月景気が減速する可能性が一段と高まっており、ハードランディングに対する警戒感が再浮上するかもしれない。ただ、信用の伸び鈍化が景気減速の要因である限りは、好ましい状況と言える」と指摘した。

消費者物価指数(CPI)伸び率は2013年が2.7%、2014年が3.1%になると予想。7月時点の予想は2013年が2.6%、2014年が3.3%だった。

また、中国人民銀行(中央銀行)は指標となる金利を今後1年半にわたり据え置くと見込まれている。預金準備率はほぼ2014年を通して据え置かれる見通しだが、2014年第4・四半期に引き下げられる可能性もあると予想されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT