東京ディズニーシー拡張、2500億円追加投資

「アナ雪」などをテーマとするエリアを開発

 6月14日、オリエンタルランド(OLC)は、東京ディズニーシーを拡張する基本計画についてウォルト・ディズニーと合意したと発表した。写真はディズニーシーの園内。2001年3月に舞浜で撮影(2018年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

[東京 14日 ロイター] - オリエンタルランド(OLC)<4661.T>は14日、東京ディズニーシーを拡張する基本計画についてウォルト・ディズニー<DIS.N>と合意したと発表した。約2500億円を投じ、「アナと雪の女王」などをテーマとするエリアを開発するほか、ホテルを新設する。既存施設への追加投資としては過去最大という。2022年度中の開業を目指す。

OLCはあわせて、ディズニー社と締結しているテーマパークおよび関連ライセンスの契約を最長で2076年まで延長したという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT