東京ディズニーシー拡張、2500億円追加投資

「アナ雪」などをテーマとするエリアを開発

 6月14日、オリエンタルランド(OLC)は、東京ディズニーシーを拡張する基本計画についてウォルト・ディズニーと合意したと発表した。写真はディズニーシーの園内。2001年3月に舞浜で撮影(2018年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

[東京 14日 ロイター] - オリエンタルランド(OLC)<4661.T>は14日、東京ディズニーシーを拡張する基本計画についてウォルト・ディズニー<DIS.N>と合意したと発表した。約2500億円を投じ、「アナと雪の女王」などをテーマとするエリアを開発するほか、ホテルを新設する。既存施設への追加投資としては過去最大という。2022年度中の開業を目指す。

OLCはあわせて、ディズニー社と締結しているテーマパークおよび関連ライセンスの契約を最長で2076年まで延長したという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。