有名デザイナーのケイト・スペードさん死去

家政婦が自宅で首をつっているのを発見

 6月5日、米国の有名ファッションデザイナーで、人気ブランド「ケイト・スペード」を立ち上げたケイト・スペードさん(55)が、ニューヨーク・マンハッタンにある自宅で死亡しているのが発見された。警察によると、自殺の可能性が高い。写真は2003年6月撮影(2018年 ロイター/Chip East)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国の有名ファッションデザイナーで、人気ブランド「ケイト・スペード」を立ち上げたケイト・スペードさん(55)が5日、ニューヨーク・マンハッタンにある自宅で死亡しているのが発見された。

ニューヨーク・デイリー・ニュース紙によると、この日朝に自宅を訪れた家政婦がスペードさんが首をつっているのを発見したという。

「ケイト・スペード」は年齢層が若めの働く女性にも手が届く価格帯、鮮やかな色合いでクリーンなスタイルが特徴で、ハンドバッグや洋服、アクセサリーなどで広く人気を博した。

昨年には米高級皮革ブランドのタペストリー(旧コーチ)<TPR.N>が、ミレニアル世代の顧客獲得に向け「ケイト・スペード」ブランドを総額24億ドルで取得した。

訃報を受け、ファンはソーシャルメディア上に自分の使っているハンドバッグの写真を投稿し、スペードさんの死を悼んだ。クリントン元米大統領の娘のチェルシー・クリントンさんもツイッターへの投稿で「大学時代に初めてケイト・スペードのハンドバッグを祖母に買ってもらった」とし、「今もまだ持っている」とつぶやいた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。