バッグの米コーチ、北米で70店舗閉鎖へ

ケイト・スペードやマイケル・コースとの競争で苦戦

 6月19日、米高級革製品大手コーチは、北米で70店舗程度を閉鎖すると明らかにした。写真は同社ロゴが入ったバッグを持つ男性。昨年5月撮影(2014年 ロイター/Fred Prouser)

[19日 ロイター] - 米高級革製品大手コーチは19日、来年度(2014年7月─15年6月)の売上高が減少するとの見通しを示したほか、北米で70店舗程度を閉鎖すると明らかにした。同社にとって最大の市場である北米では、急成長する同業他社に対し苦戦を強いられている。

19日の同社の株価は一時11%安まで下落。ニューヨーク株式市場で値下がり率上位だった。

同社は投資家向けのプレゼンテーションで、来年度の売上高が2桁台前半の減少率になるとの予想を示した。中でも北米の既存店売上高は「10%台後半」の減少率になる見込みという。

ハンドバッグで有名なコーチは、ケイト・スペードやマイケル・コースなどのライバル企業との競争で苦戦している。

同社が売上高の7割を稼ぐ北米での店舗数は13年6月時点で351店、工場直販店(ファクトリーアウトレット)が193店。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。