超高齢化時代は「共同体メカニズム」が重要だ

行動経済学者が考える新時代のリーダー論

日本大学アメリカンフットボール部の悪質なタックル問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会が5月29日に発表した事実認定によると、内田正人前監督は君臨型リーダーであったことがうかがわれる。

2017年の全日本大学アメリカンフットボール選手権大会での優勝のように、君臨型リーダーシップが共同体に大きな成果をもたらすこともあるが、大きな危険性は君臨型リーダーの圧力により個人が犠牲になることである。

多様な個人を大切にしない集団主義が通用する社会では、個人が犠牲になっても大きく問題視されることはなかった。ハラスメントによる個人の犠牲に敏感になった現代の社会では、君臨型リーダーシップの危険性を見過ごすことができなくなってきている。

待望される日本のサーバント・リーダーたち

今後、日本のさまざまな分野と共同体で多くのサーバント・リーダーたちが輩出すれば、少子高齢化のニーズに応じる弱者と個人の多様性を大切にする、健全な共同体メカニズムが発展していくことになろう。サーバント・リーダーの重要な役割は、自分に取って代わることのできる多くのリーダーを育てていくことである。

今の日本は、少子高齢化による認知症高齢者や介護・医療費用の増加、それに伴う国家財政危機の可能性、大規模な天災や人災の増加など危機の時代である。

しかし同時に、われわれ一人ひとりが今の時代に必要なリーダーを注意深く選び、同時に、周りの人々に何らかのよい影響力を及ぼすリーダーシップを心掛けるなら、サーバント・リーダーたちが影響力を発揮する会社や学校や機関が大きく発展していき、同様な危機に直面するほかの国々の模範となれるチャンスの時だと考える。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT