生涯給料「地方に本社置く287社」ランキング

中国・四国、九州、東北の有力企業を一挙紹介

沖縄・那覇の中心地、国際通り(写真:BestForLater91/iStock)

6~7月は夏のボーナス(賞与・一時金)が支給される時期だ。昨年と比べて増えたか減ったか。友人・知人はいったいいくらもらったのかなどが気になるビジネスパーソンも少なくないだろう。

そんな給料やボーナスは長い間でいくらもらえるのかを積み上げて考えないと、本当の差は見えてこない。東洋経済オンラインは、独自に算出した全上場企業の「生涯給料」を全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けてまとめた。

これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」「東京除く関東326社」「近畿594社」「中部409社」を紹介してきたが、最後に九州・沖縄(109社)、中国・四国(104社)、東北・北海道(74社)に本社を置く地方企業287社のランキングを公開する。

各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「平成26年賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。なお集計の対象からは、単体の従業員数が20人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業は除いている。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基本データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、単体の年収数字となっている。本社の中枢機能を担う社員しかいないケースが多く、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いている。

一極集中の東北・九州、群雄割拠の中四国

北海道・東北地方では、北海道札幌市と宮城県仙台市、九州地方では福岡県福岡市に本社を置く会社が集中している。一方、中国と四国地方ではそれぞれの県に有力企業が分散している傾向がみられる。地銀や電力会社などの姿が上位に目立つ傾向がある。

一方、特にランキング下位企業の中には、平均年齢が極端に高くなっているケースなど、会社によっては専門職や定年後の再雇用社員などを集計対象に含み、平均年収や平均年齢との関係から、推計値といわゆる正社員の実態との乖離がある場合もありうる点には注意いただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT