トヨタが中国・成都工場の生産能力増強

2015年年間5万台に、追加投資50億円

10月22日、トヨタ自動車は、中国・成都工場(四川省成都市)の生産能力を2015年に年間5万台へ引き上げると発表した。写真は同社のロゴ。名古屋市で2010年2月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は22日、中国・成都工場(四川省成都市)の生産能力を2015年に年間5万台へ引き上げると発表した。現在の生産能力は3万台。約50億円の追加投資を行い、生産車種に排気量2700ccのスポーツ多目的車(SUV)「プラド」を加える。

トヨタが中国の新たな投資案件を発表するのは、昨年の尖閣問題による反日デモ拡大後、今回が初めて。

同工場は排気量4000ccのプラドを手がけている。これまで2700ccは日本から輸出していたが、需要の高まりを受けて現地生産に切り替える。

同工場はトヨタと中国第一汽車の生産合弁会社、四川一汽トヨタが運営している。四川一汽トヨタは成都工場のほかに、年間11万台の生産能力をもつ長春工場(吉林省長春市)も保有している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT