訪米した北朝鮮のキーマン、金英哲氏の正体

かつて金正日氏のボディーガードだった

 5月29日、北朝鮮・朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長がニューヨークを訪問し、ポンペオ米国務長官と会談することが明らかになった。北朝鮮の要人が訪米するのは18年ぶり。写真は2007年、板門店で行われた会談に北朝鮮側の代表として臨んだ金英哲氏。代表撮影(2018年 ロイター)

[ワシントン 29日 ロイター] - 北朝鮮・朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長がニューヨークを訪問し、ポンペオ米国務長官と会談することが明らかになった。北朝鮮の要人が訪米するのは18年ぶり。

金英哲氏はかつて北朝鮮の対外諜報工作機関である朝鮮人民軍偵察総局長を務め、現在は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の右腕として、歴史的な米朝首脳会談に向けた準備で中心的役割を担っている。

トランプ米大統領が29日、英哲氏の訪米についてわざわざツイッターで発表したことからも、同氏が果たす役割の重要性がうかがえる。韓国の聯合ニュースが関係筋の話として伝えたところによると、同氏は北京で中国高官と協議した後、米国に向けて30日出発する見通しだという。

ホワイトハウスは英哲氏が今週、ポンペオ国務長官と会談すると発表した。実現すれば両国の要人が米国で会談するのは、2000年に当時の金正日(キム・ジョンイル)朝鮮労働党総書記の特使として派遣された趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委員会第一副委員長が、クリントン大統領と会談して以来となる。

外交の重鎮

金英哲氏は軍高官、朝鮮労働党中央委員会の副委員長であるとともに、対南関係を担う党の統一戦線部長を務めている。北朝鮮の動向を注視する専門サイト「ノースコリア・リーダーシップ・ウォッチ」によれば、党や政府で数々の要職に就く英哲氏は、北朝鮮で最有力者の1人であるという。

英哲氏は最近の南北融和や、対米関係の改善において中心的役割を果たしてきた。

同氏は4月と5月に2回行われた、ポンペオ氏と金正恩氏の会談をまとめた。また4月に行われた歴史的な南北首脳会談では、北朝鮮関係者として正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏とともに同席を唯一許された。

次ページ制裁下のスパイ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。