挑み続けた44歳「元格闘家」の明るすぎる転身

引退後に強い輝きを放ったメンタリティ

格闘家の引退後の人生は、現役時代に巨額の富を得た一部の人間を除けば、決して華やかなものではない。現役時代に第一線で活躍した人間ですら、引退後には、それまで培ってきた自信を喪失してしまう者も多い。だが、大山は、格闘家の持つアスリートとしての資質をもっと次のキャリアに生かすべきだという。

「格闘家が強いのは、身体だけじゃない。戦う気持ちや折れない心は、ビジネスの世界でも絶対に活かせるはず。僕がパイオニアになって、格闘家のセカンドキャリアの道を切り開いていきたい」

若い世代のための道をつくりたい

今、大山が主宰するファイトネスの講師には、格闘技の日本チャンピオンなど、何人かの現役選手も名を連ねている。

「現役の時から引退後のキャリアをイメージしておくことができれば、安心して競技に打ち込むことができるようになる。僕と同じような失敗を、若い世代にはしてもらいたくない。そのための道を作れたら最高ですね」

5月下旬の取材日、経営者ファイトネスの終了後に大山を参加者が囲んで記念撮影(筆者撮影)

柔道の世界では、古賀稔彦のように強くはなれなかった。総合格闘技の世界でも、桜庭和志のようなヒーローにはなれなかった。だが、何度も負け、何度も苦渋を味わいながら立ち上がり続けてきた格闘家は、引退してフィールドを変えた今、憧れだったヒーローたちに勝るとも劣らないほど、強い輝きを放っている。

(文中敬称略)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?