米JPモルガン、当局へ40億ドル支払い和解

米連邦住宅金融局、当初の60億ドル要求から減額?

10月18日、米JPモルガン・チェースは、住宅ローン担保証券の不適切な販売を行ったとして米連邦住宅金融局(FHFA)に訴えられていた問題で、FHFAに対し40億ドルを支払い和解することで暫定的に合意した。ニューヨークの本社で9月撮影(2013年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米JPモルガン・チェースは、住宅ローン担保証券(MBS)の不適切な販売を行ったとして米連邦住宅金融局(FHFA)に訴えられていた問題で、FHFAに対し40億ドルを支払い和解することで暫定的に合意した。関係筋が18日明らかにした。

40億ドルの支払いについては、先に米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じており、同紙は関係筋の話として、FHFAは当初JPモルガンに60億ドルの和解金を支払うよう要求していたと伝えている。

JPモルガンとFHFAの広報担当者はこの件に関するコメントを控えた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT