現代人は「孤独は悪い」と勘違いしている

クリエイティブな人は1人を恐れない

だが、孤独とは、単に気が散るものを避けて暮らすというだけではない。それは心の中で内省し、新しいつながりを築き、意味を見いだすためのスペースをつくることなのだ。

歴史上の偉大な芸術家や思想家は、比較的孤独な生涯を送っているが、現代の文化はつねに社会とつながっていることを過剰に評価し、孤独でいることの価値を認めようとせず、またその意味を誤解している。

イノベーターを目指すなら「1人」で働け

アーティストでなくても、仕事をし、個人的な関心事を追求し、クリエイティブ思考を働かせるためには、1人の時間は欠かせない。アーティストだけでなく、優れたビジネスリーダーも最善のアイデアを捻出するには孤独が必要だ。

『FUTURE INTELLIGENCE これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

アップルコンピューターの共同創設者であるスティーヴ・ウォズニアックは自著『アップルを創った怪物』において、独創的な思考を深めるには、1人の時間が欠かせないと語っている。

イノベーターを志望する若者への彼のアドバイスは「1人で働け」である。もしあなたが、オープンオフィスでクリエイティブな仕事に取り組んだことがあれば、ウォズニアックに同意することだろう。

研究の結果が語るのは、クリエイティブ思考の人は、革新的なアイデアをひねり出すために1人きりの環境を必要とし、そのアイデアを1つの概念や製品にまとめる段階になってから初めて、共同作業をするということなのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。