チームドクター性的虐待で和解、総額5億ドル

4億2500万ドルを332人に対して支払い

 5月16日、米国体操協会の元チームドクター、ラリー・ナサル被告(左)の女子選手に対する性的虐待問題で、同被告が所属していたミシガン州立大と被害者との間で和解が成立した。ミシガン州シャーロットで1月撮影(2018年 ロイター/Rebecca Cook)

[16日 ロイター] - 米国体操協会の元チームドクター、ラリー・ナサル被告の女子選手に対する性的虐待問題で、同被告が所属していたミシガン州立大と被害者との間で和解が成立した。和解金の総額は5億ドル(約551億円)以上に達する見込み。

今週、被害者の代理人と大学側の話合いが非公開で行われ、332人に及ぶ被害者と和解に至ったと16日に正式発表された。

同大学理事会のブライアン・ブレスリン会長は被害者と家族に謝罪し、学校側は性的虐待問題に対する意識と予防策について、変革が必要であることを自覚していると語った。

被害者側の弁護士の一人が和解内容についてデトロイト・フリープレス紙に述べたところによると、4億2500万ドルが332人に対する支払いに充てられ、7500万ドルは今後の訴えに備えて留保するという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。