iPhone「アルミボディ」が遂げる異形の進化

「環境にやさしいアルミニウム」とは?

今回の酸素を排出するアルミニウム製造実用化の取り組みのきっかけを作ったのは、アップルの技術者、ブライアン・リンチ、ジム・ユーコ、ケイティー・サッサマンの3氏だったそうだ。

彼らは世界中の企業や研究所などから環境負荷の少ないアルミ精錬技術を探しており、2015年にアルコアのこの技術に目をつけた。アルコアは早期実用化に向けたパートナーを探しており、アップルを通じてリオ・ティントも参加することで協力関係が始まったという。

環境への取り組みと将来の製品

ちなみに米国企業でアルミニウム生産世界3位のアルコアと英豪の資源メジャーで世界1位のリオ・ティントは、カナダの同じくアルミ生産企業アルキャンの買収を巡り火花を散らした間柄だ。世界1位、3位の企業が新たなアルミニウム精錬方法を採用することが、この分野における急速な環境負荷の軽減につながることは言うまでもない。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの取り組みについて詳細なリポートをお届けしています。詳細はこちら

カナダは地形を生かした水力発電による電力が利用できることから、電力が生産に欠かせないアルミニウム生産を再生可能エネルギーで行う上で重要な地域となる。アップルは自社の電力使用を100%再生可能エネルギーに転換しているが、アップルが部品を調達するサプライヤーの製造に関しても、同じ事をしようとしているからだ。

酸素を排出するカーボンフリーアルミニウム技術の実現をカナダを中心に展開する事は、カーボンフットプリントの提言と製品製造の再生可能エネルギーへの転換の双方に作用することを意味するのだ。

この技術による生産パッケージが販売されるのは2024年頃だという。またアップルは前述の通り、資源の再使用による新しい製品製造のサイクル確立も目指している。

またこれらのことを考えると、アップルは当面、主要製品に対してアルミニウムを活用した製品デザインを維持しようとしていることがわかる。同じ金属を使い続けることは、将来的に、再生金属での製品作り実現への道筋を付けることになるからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。