拉麺選手権で解説「ブロックチェーン」の基礎

応用できる範囲が「驚異的に広い」理由

ラーメン選手権の投票システムにブロックチェーン技術を活用(写真提供:北九州ラーメン王座選手権実行委員会)
ブロックチェーン技術の実用化が、あらゆる産業に変革をもたらすテクノロジーとして注目されている。ビットコインなどの仮想通貨を支えるブロックチェーンが、金融以外の産業の何に使われるのか? 仮想通貨の第一人者で、『決定版 ビットコイン&ブロックチェーン』を出版した国立情報学研究所の岡田仁志准教授に、その可能性と問題点について寄稿してもらった。

あらゆる産業で期待されるブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術の実用化が、社会変革をもたらす次世代テクノロジーとして注目されています。ブロックチェーンは発想の斬新さにおいて、あらゆるビジネスのアイデアの宝庫です。

『決定版 ビットコイン&ブロックチェーン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ビットコインなどの仮想通貨を支える技術(ブロックチェーン1.0)や、仮想通貨以外の金融機能に応用する技術(ブロックチェーン2.0)だけにとどまらず、あらゆる産業にも応用(ブロックチェーン3.0)できるのです。

経済産業省は2016年2月にブロックチェーンに関する研究会を開催し、『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査』を公表しました。

その報告書で、期待される利用ケースとして5つを挙げています。

1.地域通貨
2.土地の登記
3.サプライチェーン
4.シェアリングエコノミー
5.スマートコントラクト

具体的に言うと、地方自治体などが発行する地域通貨の流通・管理、土地の権利関係の登録・公示・管理、サプライチェーン・契約プロセスの情報管理などの既存ビジネスの効率的な運用や、シェアリングエコノミーなどの新しいビジネスの実現です。

しかし、ブロックチェーンは「仮想通貨を支える技術」です。なぜ、金融以外の産業でも活用できるのでしょうか?

次ページラーメン選手権で解説するブロックチェーン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。