インスタにハマっている人が喜ぶ秀逸新機能

他アプリを立ち上げなくてもインスタで完結

インスタグラムについて説明するマーク・ザッカーバーグCEO(筆者撮影)

フェイスブックは5月初旬に行った開発者会議「F8 2018」で、インスタグラムの新機能を発表した。

今回追加された主な機能は、最大4人で顔を見て話せるグループビデオチャット機能、サードパーティへのストーリーズAPIの公開、そして同じくストーリーズへのAR(拡張現実)フィルターの搭載だ。また攻撃的なコメントを非表示にする機能を搭載し、居心地の良い場所を保つことができるようにした。

技術の取捨選択と意味づけによる差別化

インスタグラムはフェイスブック傘下の企業。ビデオチャットやAR機能、人工知能によるコメントの検出などは、フェイスブックの技術力が背景にある。しかしすべての技術をフェイスブックやメッセンジャーに等しく盛り込むのではなく、取捨選択と意味づけ、活用方法を変えながら搭載しており、ユーザーがアプリをどのように利用しているのかをよく理解している。

インスタグラムのユーザーへの理解の深さは、競合であるスナップチャットを突き放す可能性がある。

フェイスブックが擁する女性や若者をターゲットとした写真を中心とするアプリは、スナップチャットを目の敵にしてきた。写真共有アプリにメッセージなどのコミュニケーション機能や、24時間で消える写真やビデオを投稿できるストーリーズの導入による対抗は、インスタグラムを大きく成長させる契機を作った。

一方のスナップチャットはアプリのデザイン変更でユーザーの増加やエンゲージメントが失速し、直近の決算が発表されてから株価は15%下落している。

ビデオチャット機能を追加(筆者撮影)

フェイスブックが基調講演で公開したインスタグラムの機能向上を、意外に思われた人もいるかもしれない。なぜ写真を共有するSNSアプリにビデオチャット機能が必要なのか、という疑問だ。

そもそも、グループでのメッセージングならメッセンジャーやワッツアップがあるし、そこにはグループビデオチャット機能が備わっている。

次ページアプリを離れなければならない場面をなくしたい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。