GMとクライスラー 合併構想は砂上の楼閣

合併構想がにわかに浮上した米ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラー。現時点で両社とも公式コメントを出していないが、複数の米国メディアが水面下での動きを報じている。

最大の目的はリストラの加速と見られる。合併でトヨタ自動車を突き放す世界最大の自動車メーカーとなれば、全米自動車労働組合(UAW)への発言力も増す。部門の統廃合などで人員削減を行えば、合理化効果は100億ドルになるとの見方もある。

しかし、「GMだけでもブランド数は過剰。クライスラーの3ブランドを足し合わせる効果は非常に薄い」(米調査会社のグローバルインサイト)と、経営不振に陥ったメーカー同士の合併構想に否定的な専門家は多い。そもそも、GMは売り上げの約6割、クライスラーは9割を北米市場で稼いでおり、販売エリアの補完関係を築くことはできない。車種においても重複が多い。クライスラーが大型SUV中心のブランド「ジープ」を展開する一方、GMも競合ブランドの「ハマー」を保有する。また、大型セダンでも、「クライスラー」とGMの「キャデラック」は長年のライバルだ。

両社が主戦場とする北米市場は、販売台数が11カ月連続で前年同月比を割り込んでおり、まさに底なし状態にある。そうした中、相乗効果を見いだしにくい“粗悪”な合併構想の報道が先行するのは、GMやクライスラーの窮状をあらためて浮き彫りにしたものといえそうだ。

(西澤佑介 =週刊東洋経済)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT