立ち入り厳禁!最先端「航空機タイヤ」の秘密

ブリヂストンが創業の地で手掛ける最新技術

航空機タイヤには1本で約25トンを支える強度が必要になる(写真:ブリヂストン)

ブリヂストンの創業の地、福岡県久留米市。80年以上にわたり続く久留米工場は、1937年まで本社が置かれた同社の最も古い工場だが、いま最先端の工場に生まれ変わっている。

JR鹿児島本線、久留米駅から徒歩3分。ケヤキ並木が続くブリヂストン通りに面して建つのが、その久留米工場だ。タイヤの国産化を使命に、創業者の石橋正二郎が久留米でタイヤ生産を始めたのは1931年。前年に日本足袋(たび)のタイヤ部として第1号タイヤを誕生させ、この年に「ブリッヂストンタイヤ」を設立してのことだった。以来、久留米はマザー工場として最先端の生産技術を磨いている。

関係者以外はいっさい立ち入り禁止

その久留米工場の中で、関係者以外の立ち入りをいっさい禁止している一角がある。航空機タイヤの生産工場だ。内部の従業員ですら、立ち入りは厳禁。特に航空機向けラジアルタイヤの製造工程は最高ランクの機密で、外部には監査のときにしか見せないという。

立ち入りを禁止している航空機タイヤの生産工場(記者撮影)

航空機タイヤは、東京工場(東京都小平市)とこの久留米工場でしか生産していない。久留米での足元の生産本数は、日産240本程度。現在では約21億円を投じた能力増強が進行中だ。今年末までに1.5倍増とする計画であり、需要が高まるリージョナルジェットなどの新興勢力向けに供給を拡大する。

航空機タイヤは、厳しい負荷に耐えることが求められる製品だ。まず、乗用車の50倍にもなるという大きな荷重に耐える必要がある。滑走路での走行時には最大級の旅客機で560トンある機体を、前脚2本、主脚20本で支えなければならない。つまりタイヤ1本で約25トンを支えることになる。乗用車なら1本で0.4トン程度。地上旋回時にたわみや引きずりが生じることもハードルとなる。

その一方で、離着陸時には高速になる。特に離陸時には時速350キロメートルにもなり、F1並みの高速に耐えるタイヤ性能が求められる。まさに高付加価値タイヤの象徴的な存在だ。

次ページ競合はわずか2社
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT