ジョブズは「創造性とは繋ぐ力」と考えていた

クリエイティブな教育が日本の未来をひらく

目まぐるしく変化を遂げる時代を迎えた今、答えが存在しない事態に直面する機会が増え、既存の価値観では対応できない問題が起きている。マニュアルが通用する時代は終わりを告げたのだ。「大衆のマニュアル遂行力」の底上げに焦点が置かれた教育では、これからの時代を生き抜けない。今後は、創造性の育成が教育のキーワードとなる。

「創造性とはいろいろものをつなぐ力だ」とは、アップル創業者のスティーブ・ジョブズの言葉だ。今や多くの人々にとって欠かせなくなったiPhone。その生みの親である彼はこんな言葉も残している。

「技術だけではだめだ。技術がリベラルアーツ(職業や専門に直接結びつかない教養)や人間性と出会い、“結婚”することで人の心が喜ぶ(歌う)ものが生まれる」

世界経済フォーラムの調査によると、「創造力」は2015年時点では10番目に必要なビジネススキルだったが、2020年時点で必要になると予測されるビジネススキルとしては第3位に急上昇している。2015年には野村総合研究所が「10~20年後には日本の労働人口の約49%の職業がAIに代替されうる」という調査レポートを出し、日本社会に衝撃が走った。

一方で、論理的にマニュアル化できる定型業務はAIが代替できるが、「創造力」が必要な仕事はまだまだAIでは代替されないといわれる。要するに人間は今後、創造的な仕事においてどんどん活躍すべきだ、というのが国内外の共通した認識となっている。

五感を磨いて創造性を育む

筆者は、中高大学と数学に魅了され没頭し、同時に大学でジャズに出会い夢中になった。今ではジャズピアニスト・数学者・教育者として活動している。音楽も数学も教育も、創造の世界だ。自身の経験としても、学びと芸術を共に味わうことの大切さを実感している。何かを創造しようとするときには、知性と感性の連関が必要だと感じることが少なくない。

過去に人類が蓄積してきた知はイノベーションの宝庫であり、その知がどのように生まれてきたかを追体験する。そんな中から、社会への批判や不安や畏れを、徐々にポジティブな未来の可能性、自分自身が未来をつくることへの期待に変えていけるのではないだろうか。

学びにおいては、心が躍る環境の中で、五感を用いた体験を大切にし、たくさんの失敗を含む試行錯誤を誘発し、たとえ間違えていたとしても自分自身の頭と心で発見し創造したことを評価する。

そんな教育がこれからの時代を生きる子どもたちには必要になってくるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT