30代共働き夫婦が悩む2人目の子ども問題

1人目は勢いでも「次」は「複雑な事情」が絡む

「私も本当は子どもが2人いることは賛成なんです。でも、もし、2人目が生まれたら、その子どもは私と同じようになってしまう可能性があると思うと、絶対に産まないほうがいいと思ってしまって……」。A子さんのホンネは「産みたい」でもあったのです。

今までさまざま家庭の相談にのってきましたが、A子さんのように、親が上の兄弟におカネをかけ『その犠牲になってしまった末っ子』のケースは、実は少なくありません。

「いくらかけられるか」を考え、最善をつくす

こういったケースに陥ってしまうのは、教育費を子ども1人ひとりに対してきちんと考えていないからです。

もちろん「予定外に子どもができてしまった」ということも、場合によってはあるかもしれません。しかし、教育費を考えるときには、子ども1人ひとりに対して、おおまかでいいので進学コースを設定し、いつの時点で、いくら費用がかかるのかをきちんと計画して準備することが重要です。また「いくらかかるか」も大事ですが、「わが家の場合はいくらかけられるか」を冷静に判断して、その中で最善をつくすという発想も大切になります。

今回のA子さんのように「自分だけおカネをかけてもらえなかった」ことは、つらい経験かもしれません。しかし世の中を見渡すと、「教育にたっぷりおカネをかけてもらった人が、すべて幸せでかつ稼げているか」というと、そうではないケースも多々あります。教育は決まった答えが必ずしもないものですが、金銭面だけではなく、子ども1人ひとりの性格や思考などを総合的に考えないと、何が良い教育かはわかりません。

実は、その後、私のところに旦那さんも来ていただいています。というのも、A子さんの想いを聞くうちに、旦那さんにもA子さんの想いを共有し、一緒に考えた方がよいと思ったからです。A子さんと旦那さんと私の3人で「2人目を産んだら家計はどうなるのか」のシミュレーションをいろいろなパターンでしてみました。「2人目を産んでも大丈夫」との旦那さんの熱いプレゼンに胸を打たれ、結局A子さんは、2人目を出産しました。

「過去のトラウマにとらわれていましたが、産んでよかったです。高山さんのおっしゃるとおり、子どもはすべて同じ教育がいいとは限らないですよね。それに、子育てが落ち着いたら私も大学に行こうと思っているんですけど、親がすべて与えてくれなくても、自分の力で夢は実現できますしね」。後日筆者のところに来てくれたA子さんは明るい声でこう話してくれました。Aさんはいったん休職、後日仕事に戻る予定です。夫も、家事への一段の協力を実践しているそうです。

「子どもにとって何がいい教育なのか」――。これはほとんどの子を持つ親の悩みだと思いますが、私自身も6歳の子を持つ親として、とても考えさせられる事例でした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT