米中西部で記録的な大雪、航空便欠航相次ぐ

東部では竜巻が発生

 4月15日、米中西部で、寒波の影響により一部で記録的な大雪・低温となったほか、米東部では竜巻が発生し、停電や航空便欠航などの影響が出ている。写真はアーカンソー州で起きた竜巻。13日撮影。ソーシャルメディアのビデオから(2018年 ロイター)

[アトランタ 15日 ロイター] - 米中西部で15日、寒波の影響により一部で記録的な大雪・低温となったほか、米東部では竜巻が発生し、停電や航空便欠航などの影響が出ている。

中西部ミシガン州は一部で積雪が46センチに達すると見込まれており、約31万世帯が停電している。

一方、東部ノースカロライナ州では15日に竜巻が2件発生し、地元メディアによると、1人が死亡した。

航空機の運航情報を提供するフライトアウェア・ドット・コムによると、15日夜までに米国の空港を発着する1804便が欠航となった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?