ついにアーロンチェアを超える椅子が誕生?

米スチールケースが"スマホ時代"の高級チェアを発売へ

「ジェスチャー」に座ると、スマートフォンを心地よく操作できる最適ポジションを得られるという

オフィスワーカーがもっとも多くの時間を過ごすのが「椅子の上」だ。朝から晩まで椅子に座ってパソコンとにらめっこをしている人は少なくないだろう。

椅子の座り心地はさまざまであり、自分にフィットしているかどうかで生産性は大きく変わる。にも関わらず、高さの調整くらいしかできない椅子を大量に購入してそのまま社員に押し付けている会社がほとんど。役職者のステイタスシンボルとして肘掛けが付いた椅子を支給している会社も多い。

しかし、その考え方はかなり古い。現場で働く従業員ほど、機能性の高い椅子を使わなければならない――。こんな考えのもと、GMOインターネットはユニークな取り組みを始めている。2012年6月、エンジニアを支援する制度として5つの椅子から自由に選べる制度を始めたのだ。選択肢に入っているのは米ハーマン・ミラー社の「アーロンチェア」、独ヴィトラ社の「IDトリムL」、オカムラの「バロンチェア」など。定価10万円以上する定番の高級チェアが中心だ。

頂点に君臨するアーロンチェア

「あこがれの椅子」といえばハーマン・ミラー社のアーロンチェアが定番だ。独特のオーラが漂っている

GMOインターネットだけでなく、ITベンチャーの多くは従業員の椅子にこだわっている。エンジニアのモチベーションを引き上げるための投資と考えれば一脚10万円台の椅子も高くはない、と判断できるのだ。

中でも圧倒的な人気を誇っているのはアーロンチェア。1994年の発売以来、クリエーティブな仕事を行う職場における別格の存在として君臨し続けている。

が、そんな状況に変化が起きるかもしれない。スマートフォン、タブレット端末全盛の今こそ、"アーロンチェア超え"を目指す好機とばかりに意気込むメーカーがあるのだ。米国のオフィス家具大手、スチールケース社だ。

次ページ世界11カ国2000人を調査
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT