高級ブランド限定の中古品サイトが日本進出

キャリア豊富な女性起業家がつかんだ金脈

TheRealReal.comのトップページ。中古ラグジュアリーブランドの専門サイトだ。
「クローゼットの肥やしとなっている洋服を断捨離したい」「プラダのバッグを安く手に入れたい」・・・・・・。そんな思いを持つ人にうってつけのサービスが登場した。日本で8月26日にスタートした「TheRealReal(リアルリアル)」は、米国発、高級ブランド限定中古品を集めたオンラインリセールショップ。コンサイナー(consignor)と言われる委託者からアイテムを預かり、鑑定士など専門スタッフが鑑定した上でオンライン販売&購入するシステムに特徴がある。2011年6月にスタートした米国では、ファッションに敏感な女性たちの支持を集めて急成長しているという。来日した米国「TheRealReal」CEO、Julie Wainwright(ジュリー ウェインライト) 氏に話を聞いた。

--リアルリアルのアイデアはどこから得たのですか。

友だちの行動にヒントがありました。お金持ちの友だちと一緒にブティックに買い物に行ったときのことです。ブティックの一角に委託販売コーナーがあり、シャネル、ルイ・ヴィトン、プラダなどの商品が陳列されていたんです。すると、友だちはそのコーナーにあった商品を買い占めたので「なんでそのコーナーで買ったの?」と聞きました。

友人との会話が起業のヒントに

すると「好きな高級ブランドのアイテムが、新品に近い状態で格安に買える。お店の人が鑑定してくれるので安心。買うしかないでしょ」との答え。 「イーベイや中古品が集まっているお店もあるけど、そこでは買わないの?」と聞くと、「ガラクタに交じって売られていて商品の質がわからないし、信頼できない。きれいなブティックできちんとセレクトされているのがいいのよ」と言ったのです。

ここに、ビジネスのヒントがあると考えました。イーベイ(eBay)のようなマーケットプレイスでは、誰もが何でも売ることができる。でも、そのかわり消費者が真贋リスクを負うことになる。リアルリアルは違います。きちんと鑑定された高級品だけをそろえているので、ユーザーは安心して買うことができる。米国では返品も可能です。

次ページ創業からこれまでの実績は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT