北京市、過熱懸念で土地区画入札を延期

当局が過去最高値を記録する可能性を憂慮

10月11日、北京市当局は過去最高値を記録する可能性を懸念し、土地区画入札を延期した。写真は北京の高層住宅。4月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 北京市当局は、過去最高値を記録する可能性を懸念し、土地区画入札を延期した。

当局は前日の入札取りやめの通告ではその理由を示していなかったが、通信社の中国新聞社は当局者の発言として、北京の不動産市場が過熱の兆候を示しているから、市場の見通しを落ち着かせるための措置だと報じた。

このところ北京をはじめとする大都市で、不動産価格が過去最高を更新している。北京では5月にも入札が延期され、その後再開されたが、価格は高水準で、過熱気味となっていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。