北京市、過熱懸念で土地区画入札を延期

当局が過去最高値を記録する可能性を憂慮

10月11日、北京市当局は過去最高値を記録する可能性を懸念し、土地区画入札を延期した。写真は北京の高層住宅。4月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 北京市当局は、過去最高値を記録する可能性を懸念し、土地区画入札を延期した。

当局は前日の入札取りやめの通告ではその理由を示していなかったが、通信社の中国新聞社は当局者の発言として、北京の不動産市場が過熱の兆候を示しているから、市場の見通しを落ち着かせるための措置だと報じた。

このところ北京をはじめとする大都市で、不動産価格が過去最高を更新している。北京では5月にも入札が延期され、その後再開されたが、価格は高水準で、過熱気味となっていた。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。