財政問題、11日までにホワイトハウスと合意も

下院のセッションズ議事運営委員長が期待感

10月10日、米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。写真はワシントンのホワイトハウス。9月撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は10日、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。

同議員はロイターに対し、今後約15時間にわたってホワイトハウスと下院共和党は、事態が進展するかどうか見極めるため、枠組みの設定に取り組むと語った。

進展できれば、双方はおそらく11日までの合意成立を目指すだろうとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。