財政問題、11日までにホワイトハウスと合意も

下院のセッションズ議事運営委員長が期待感

10月10日、米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。写真はワシントンのホワイトハウス。9月撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は10日、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。

同議員はロイターに対し、今後約15時間にわたってホワイトハウスと下院共和党は、事態が進展するかどうか見極めるため、枠組みの設定に取り組むと語った。

進展できれば、双方はおそらく11日までの合意成立を目指すだろうとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT