財政問題、11日までにホワイトハウスと合意も

下院のセッションズ議事運営委員長が期待感

10月10日、米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。写真はワシントンのホワイトハウス。9月撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米下院共和党幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ議員は10日、債務上限引き上げと連邦政府の財源確保に向けた法案で11日までにホワイトハウスと合意できることを期待していると述べた。

同議員はロイターに対し、今後約15時間にわたってホワイトハウスと下院共和党は、事態が進展するかどうか見極めるため、枠組みの設定に取り組むと語った。

進展できれば、双方はおそらく11日までの合意成立を目指すだろうとした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。