トヨタ、「パーク24」とカーシェアを実験へ 

通信型サービス開発に活用

 4月3日、トヨタ自動車とパーク24は、東京都心の一部で6月から2019年3月末までカーシェアリングサービスの実験を行うと発表した。パーク24が展開する同サービス「タイムズカープラス」で、トヨタの多目的スポーツ車(SUV)「C―HR」60台を導入。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 3日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とパーク24<4666.T>は3日、東京都心の一部で6月から2019年3月末までカーシェアリングサービスの実験を行うと発表した。パーク24が展開する同サービス「タイムズカープラス」で、トヨタの多目的スポーツ車(SUV)「C―HR」60台を導入。C―HRにトヨタの通信型ドライブレコーダーや両社のカーシェアリング機器を搭載してデータを収集・分析する。

トヨタはコネクテッドカー(ネットに常時つながる車)の普及に備え、収集した情報を活用したサービス開発を強化している。今回の実験で得られる情報を人口知能(AI)で分析するなどして構築中のモビリティーサービスプラットフォーム(MSPF)の機能拡充を目指す。車両の安全性向上や保守の効率化などが実現できる新たなサービス開発につなげたい考えだ。

新たなモビリティサービスを実現するための連携を検討

タイムズカープラスは車両数2万台以上、会員数90万人以上を持つ国内最大規模のカーシェアサービス。パーク24はトヨタとはすでに、同社のパーソナルモビリティー「i―ROAD(アイロード)」や「Ha:mo(ハーモ)」を活用した実証実験で協力しており、両社で今後、新たなモビリティサービスを実現するための連携を検討する。

トヨタはMSPFの機能拡充に向けて相次いで他社との連携を拡大している。3月には米レンタカー大手エイビス・バジェット・グループ<CAR.O>と提携し、通信機能を備えた車両を1万台供給することを発表。昨年8月には東南アジア配車サービス最大手グラブとの協業も発表、車両100台に通信型ドライブレコーダーを搭載してデータを収集・分析し、車両保険やドライバー向け金融サービス、保守などのサービス開発に役立てている。

(白木真紀)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。