嫌韓・嫌中の構造を、鋭く分析してみた “事なかれ主義”“隠蔽体質”で水に流した歴史認識

✎ 1〜 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 107 ✎ 最新
印刷
A
A

日本国内のスポットライトの当たり先がずれていく

これに対し日本側で歴史認識に関する“スポットライト”の当たり先がどう変遷してきたか考えよう。まず過去の歴史に関して、反省というより話題にせずタブー視することが長年続いてきたのはご存じのとおりである。

そこに“北朝鮮の拉致問題”が発覚し、侵略への後ろめたさからタブー視してきた世論が一気に“日本は被害者”というポジショニングに大転換し、“自虐史観”という大キャンペーンが始まり、結果的に“自慰史観”が流布されるようになった。また中国の台頭と強硬な姿勢は軍事的脅威から、対アジア強硬外交派が水を得るきっかけともなった。

それに加えて“領土”を隣国が不法に占拠し、中国が日本の固有の領土を脅かしている、と政府とメディアと歴史教科書が一体となって、システマティックに排外的感情をあおるようになったが、これは憲法を変えて再軍備と強硬外交をするための世論情勢に利用するためにナショナリズムをあおっている一面もあろう。

本来はどちらの領土だろうと両論併記で国際理解につなげる努力を双方がすべきだが、これらが隣国への憎しみや差別的感情を沸騰させたヘイトスピーチにつながり、それを都知事が“合法”と言うなど、政治家が容認するという驚きの事態につながっている。

結果的に生じた近代史教育不在の空白に戦前議員の右派二世・三世議員の台頭に加え、長引く不況と失業の増加に伴う排外主義の高潮も相まり、「アジア侵略は嘘で、中韓による歴史捏造の日本は被害者」という世界でもまれにみるガラパゴス史観がネットで急速に普及するようになってしまった。

次ページ終戦記念日に靖国に来た韓国議員の真相
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT