電撃訪中の狙いは?米韓に広がる「嫌な予感」 「見返り」がなければ核放棄に応じない可能性

拡大
縮小
金正恩委員長の北京への電撃訪問が意味するものとは?(写真:ロイター)
金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』を発刊したばかりの五味洋治氏に金正恩・朝鮮労働党委員長の北京訪問のインパクトについて分析してもらった。

過去7年間、断絶状態だった北朝鮮と中国が、突然「蜜月関係」に変わった。金正恩・朝鮮労働党委員長が、電撃的に北京を訪問し、習近平・中国国家主席と握手し、5時間にわたって会談したからだ。そこで交わされた合意の内容を見て、4月から5月にかけて正恩氏と首脳会談を予定している韓国と米国には、「悪い予感」が広がっている。

国家元首用の豪華な18号楼を用意

3月25~28日に渡って北京を訪れた正恩氏への中国政府の歓待ぶりは、目を見張るものがあった。正恩氏が乗った特別列車が中国入りすると、北朝鮮との窓口である中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長が乗り込んで、歓迎した。

北京駅では、習主席の知恵袋と呼ばれる、共産党序列5位の王滬寧・中央政治局常務委員らが待ち受けていた。

列車から駅構内には赤い絨毯が敷かれており、多くの関係者が出迎えた。さらに宿舎となった北京市内の釣魚台迎賓館では、国家元首用の豪華な18号楼が用意されていた。

ここは、40回以上訪中した祖父の金日成主席、9回訪中した金正日総書記(いずれも故人)の訪中での定宿だった。この楼の外には、金日成氏が贈った木が大きく育っている。また、中国滞在中、中央政治局常務委員3人と面会し、習主席と2回食事を共にしている。「非公式訪問」のはずなのに、事実上は国賓待遇だった。

次ページ驚くべき厚遇ぶり
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT